私がオススメする国内/海外仮想通貨取引所ランキング→

テクニカルトレード指標一覧

テクニカルトレード指標一覧 テクニカル分析

テクニカルトレードには、チャートパターン、トレンド系指標、オシレーター系指標の3種類に大別できます。
ボリンジャーバンドやMACDなどの初心者向けテクニカル指標や、エリオット波動理論などの中級者向けテクニカル分析のトレード方法を解説しています。

チャートパターンの記事一覧
チャートパターンの記事一覧ページです。
チャートパターン一覧
ヘッド&ショルダー(三尊) 上昇/下降ウェッジ ハーモニックパターン
プライスアクション アセトラ/ディセトラ カップ&ハンドル
ピッチフォーク・ファン ウォルフ波動 ダブルボトム/トップ
上昇/下降フラッグ・ペナント Cフォーク ワイコフチャート
酒田五法 ダイヤモンドフォーメーション アイランドリバーサル
ハーモニックパターン
トレンド系指標の記事一覧
トレンド系インジケーターの記事一覧ページです。
トレンド系指標一覧
移動平均線 ボリンジャーバンド フィボナッチ
ウィリアムズアリゲーター ドンチャンチャネル 一目均衡表/一目雲
エリオット波動 パラボリックSAR ケルトナーチャネル
EMA WMA ギャン理論・ツール
エンベロープ GMMA(複合型移動平均線) ピボットポイント
リスクリワード・レシオ
オシレーター系指標の記事一覧
オシレーター系インジケーターの記事一覧です。
オシレーター系指標一覧
MACD ストキャスティクス ADX(DMI)
移動平均乖離率 RSI RCI
チョピネスインデックス モメンタム 究極オシレーター
ウィリアム%R CCI フォースインデックス
OBV RVI サイコロジカルライン
ROC AD ASI
ATR CVD
オシレーター系指標

MACDの設定方法と使い方|トレンド転換点とFXトレード売買ポイント

チャートでは様々なテクニカル指標を使うことができますが、今回は代表的なインジケーターである「MACD(移動平均収束拡散法)」の設定方法とトレード方法を、ダイバージェンスの具体事例なども交えてご紹介したいと思います。 仙人 MACDの読み方は...
トレンド系指標

パラボリック(Parabolic SAR)を使ってビットコイントレードする方法

今回はTradingViewで表示できる有名なインジケーター、パラボリックSAR(Parabolic SAR)について使い方を解説します。 仙人 点々がついていて蝶々の幼虫みたいな綺麗な模様のように見える、特徴的なインジケーターです。 パラ...
トレンド系指標

一目均衡表(一目雲)の見方・設定方法とFXトレード手法を解説

ビットコインのチャートでも様々なテクニカルツールが機能しますが、今回は日本生まれの世界的有名なインジケーター「一目均衡表(一目雲 ichimoku)」をご紹介します。 仙人 日本生まれのインジケーターとして最も有名で、現在では世界中のトレー...
トレンド系指標

エリオット波動の使い方とFXトレード手法を分かりやすく解説

世界中のチャート分析トレーダーに絶大な人気を誇るテクニカルパターンの王道、 エリオット波動理論(Elliot Wave)の使い方とトレードの勝率を飛躍的に高める方法をご紹介します。 仙人 エリオット波動はテクニカルトレード最高峰の手法と言わ...
オシレーター系指標

ROC(変化率)の見方|トレンドの速度・勢いを見るFXトレード手法

価格の変化率からトレンドの速度を計測する指標「ROC」の見方・トレード方法を解説します。 ROCは比較的シンプルな指標なんですが、銘柄の選定やトレンドの速度から売られ過ぎ買われ過ぎを判断したりと、色々な場面で使われています。 ビットコインの...
テクニカル分析

ATRの見方・使い方|損切り利確ポイントを見極めるFXトレード手法

ATR(アベレージ・トゥルー・レンジ)というちょっと変わったインジケーターの見方について解説します。 ATRは、真の値幅に基づいて市場のボラティリティ(価格変動)を測る指標として、商品先物取引向けに開発されたものですが、トレンドの天井と底の...
オシレーター系指標

OBV(オンバランス・ボリューム)インジケーターで出来高からトレンド転換を見極めるFXトレード法

本日は、出来高に着目したインジケーターOBV(オン・バランス・ボリューム、累積騰落出来高)について解説します。 OBVは「出来高は株価に先行する」という考え方に基づいて出来高と価格の動きを関連づけ、買い圧力と売り圧力の累積合計出来高数を見て...
オシレーター系指標

サイコロジカルラインの使い方・見方をFXトレードで解説

今回は「サイコロジカル・ライン」というオシレーター系テクニカル指標の使い方・見方をご紹介します。 相場が連続して上がり続けると、 そろそろ下がるんじゃないか…? あるいは逆に相場が連続して下がり続けると、 そろそろ上がるんじゃないか…? と...
オシレーター系指標

CVD(Cumulative Volume Delta)を使ったビットコインFXトレード手法を紹介【coinalyze】

海外でメジャーだけど日本ではあまり知られていないインジケーター指標、CVD(Cumulative Volume Delta)を使ったFXトレード手法を紹介します。 日本語に訳すと「累積ボリュームデルタ」。 買い出来高と売り出来高の差を分析し...
トレンド系指標

ハッシュリボン(Hash Ribbons)の見方/使い方|BTC難易度の移動平均クロスで脅威の的中率

今回はビットコイン専用のトレンド系インジケーター「ハッシュリボン(Hash Ribbons)」の使い方と見方について解説します。 この指標はマイナーの発掘速度(ハッシュレート)を元に計算されるビットコイン専用インジケーターの一つです。 以前...
チャートパターン

ダイヤモンドフォーメーションのチャートパターンを使ったFXトレード手法解説

この記事ではビットコインチャートだけでなく為替相場などでも度々お目にかかる 「ダイヤモンドフォーメーション」というチャートパターンについて解説します。 チャート上で出現する頻度は少ないと言われているが、実はコツを掴めば比較的簡単に見つけるこ...
オシレーター系指標

RVI(相対活力指数)を使ったトレンド順張りのFXトレード手法

今回紹介するRVI(相対活力指数)は、トレンドの強さや転換点を察知する機能を持っています。 RSIと似ていますが、角度を変えたアプローチでメイン指標の補助として機能する優秀なインジケーターです。 RSIやストキャスティクスとの併用で強力な武...
テクニカル分析

ビットコインFXおすすめインジケーターまとめ|仮想通貨トレードに特化した専用指標

チャート分析をする時に欠かせないツール、それが皆さん当たり前のように使っているインジケーターです。 仙人 今回はそんな数多にあるインジケーターの中でも、仮想通貨・ビットコインのトレードに特化した仮想通貨専用武器といえるおすすめインジケーター...
オシレーター系指標

ASI(累積スイング指数)インジケーターのFX手法を解説

今回はビットコインFXでも使えるASI(累積スイング指数=Accumulative Swing Index) について使い方を紹介していこうと思います。 . ASI(累積スイング指数)とは 累積スイング指数、またはASI【Accumulat...
オシレーター系指標

モメンタム(Momentum)FXトレード手法と設定方法を解説

ビットコインFXに首ったけの筆者ですが、今回は非常にシンプルな指標 「モメンタム」というオシレーター系テクニカルの使い方をご紹介します。 英語で書くとmomentumですが、これは「勢い」や「はずみ」という意味です。 仙人 この文字通り、モ...
チャートパターン

アイランドリバーサルで窓開け逆張りFXトレード

今回は窓開け(ギャップ)に注目したチャートパターン「アイランド・リバーサル」の見方・FXトレードでの使い方について解説します。ちょっと名前がカッコイイ。 チャートが窓開けして急騰、窓開けして急落することで、ギャップで囲まれた部分が「離れ小島...
オシレーター系指標

チョピネスインデックスの使い方とビットコインFXトレード戦略。チャプゾーンとの併用法

今回はビットコインFXで、 「チョピネス・インデックス(Choppiness Index)」 という変わり種インジケーターを使ったチャート分析でトレードに勝つ方法をご紹介します。 仙人 名前が可愛いらしいですな。 チョピネスはトレンド発生の...
オシレーター系指標

ウィリアム%RのFXトレード手法3つを解説

今回はビットコインFXでも使える、すばやい反応でトレンド転換をとらえる優秀なインジケーター「ウィリアムズ%R」をご紹介します。 仙人 ウィリアムズのあとはパーセントレンジと読みます。 文字化けみたいですよね。 ウィリアム%Rは、RSIやスト...
オシレーター系指標

究極(アルティメット)オシレーターを使ったFXトレード戦略を解説

今回は、名前がカッコイイ独特なテクニカル指標、 究極オシレーター(Ultimate Oscillator)をご紹介します。 なぜ究極なのか?究極とは何なのか? 仙人 私はドキドキしながら調べました。 そしてなぜ「アルティメット」なのか理由を...
オシレーター系指標

RSI(相対力指数)の見方・使い方|世界で支持されるFXシグナルトレード手法

有名なオシレーター系インジケーターであるRSI(相対力指数)をご紹介します。 RSIは売られすぎと買われすぎを0~100の範囲で数値化する指標です。 仮想通貨ビットコイン月足RSIが良く機能しているので併せてみてみます。 仙人 世界中で使わ...
オシレーター系指標

AD(Accumulation/Distribution)を使ったFXトレード手法を解説

今回はAD(Accumulation/Distribution line)、訳:蓄積/配信ラインインジケーターについてご紹介します。 トレンドの方向性を表示させてくれるテクニカル指標で「このタイミングで逆張りはマズイ」といった感じで、無理な...
オシレーター系指標

移動平均乖離率を使った逆張りトレードをビットコインFXで解説

幅広い金融商品に有効でビットコインFXでも有効に使われ、短期トレーダーの必須テクニカル指標とも言われているオシレーター系指標「移動平均乖離率」についてご紹介します。 仙人 読み方は、剥離(はくり)ではなく、乖離(かいり)ですよ。 移動平均乖...
テクニカル分析

リスクリワード・レシオをTradingViewチャートツールで描画しトレードに活かす方法

多くのビットコインFX取引所のチャートツールは、TradingView(トレーディングビュー)が使われています。 無料なのに多機能で高性能なチャートソフトで、使いこなせば使いこなすだけトレードのポテンシャルを引き出してくれます。 今回は数あ...
テクニカル分析

さとちんインジ(APS)を使った戦術|仮想通貨FXトレード有料インジケーター

BybitのビットコインFXでいつも遊んでいる仙人です。 今回はツイッターで目にした「ちんイン」というインジケーターについて調べてみました。 なにやら、仮想通貨(ビットコイン・アルトコイン)に特化したインジケーターらしいのですが、あまり情報...
トレンド系指標

WMA(加重移動平均線)の使い方を解説。VWMAとの違い

今回は、SMA(単純移動平均線)やEMA(指数移動平均線)に次いで使われている、WMA(加重移動平均線)についてご紹介します。 仙人 WMAは知名度こそSMAやEMAに劣るものの、欧米ではよく使われている移動平均線で、海外の人が作ったインジ...
トレンド系指標

EMA(指数平滑移動平均線)の使い方をビットコインFXで解説。DEMA/TEMAの違い

SMA(単純移動平均線)とともに2大移動平均線とも言われる、EMA(指数平滑移動平均線)の見方と使い方についてご紹介します。 移動平均線の中でも最もバランスがよく使いやすいと言われており、上級者にも愛用されているトレンド系指標の優等生です。...
チャートパターン

ハーモニックパターン⑥スリードライブス、5-0、121パターンをFXで解説

ハーモニックパターンについての連載も6回目となりました。 ビットコインFXを研究している仙人ブログですが、日本でまだ知られていない手法を紹介するのが楽しくなってきまして。 今回の記事で解説するのは、スリードライブ、5-0(ファイブゼロ・ファ...
トレンド系指標

ドンチャンチャネルの使い方|逆張りブレイクアウトFX手法を解説

ビットコインFXに傾倒しているbit仙人です。 今回は名前がキャッチーで覚えやすいインジケーター、 ドンチャンチャネルを使ったトレード手法をご紹介します。 ドンチャン…太鼓の達人と被ります。 私の脳内ではもうイコールで結ばれてしまっておりま...
チャートパターン

ハーモニックパターン①基本のABCDをFXトレードで使いこなそう!

ビットコインFXに勤しんでいる仙人ですが、今回はFX全般に広く使えるハーモニックパターンを用いたトレード手法について解説しています。 新しい手法なのでまだ日本ではあまり使っている人がいないハーモニックパターンですが、欧米や西欧では有名なトレ...
チャートパターン

Cフォークのチャート描画方法や使い方を解説。仮想通貨FXで多用されている?

Cフォーク(=C Fork)というチャートパターンを知っていますか? このチャートパターン、為替で使う人が多くドル円などでは相応の勝率だそうです。 ですが、実はビットコインFXなど仮想通貨のチャートでも十分機能します。 Cフォークについて、...
チャートパターン

上昇ペナント・下降フラッグなど保ち合いパターンを解説!ウェッジとの違いも図解

ビットコインFXでもよくチャートに出現する保ち合いパターン、ペナント・フラッグについて詳しく解説していきます。 毎日のように現れるチャートパターンなので、どのような投資家心理から形成され、上下どちらの方向に次動くのか?の判別方法は大いに役立...
チャートパターン

ハーモニックパターン②ガートレイ・バットの使い方をFXで解説

いつもはビットコインFX記事メインの仙人ブログですが、今回は連載でハーモニックパターンについて解説しております。 前回の記事はこちら この記事ではハーモニックパターンの中でも有名な、ガートレイパターン、バットパターンについて解説します。 出...
オシレーター系指標

EFI(フォースインデックス)とMFI(マネーフロー指数)でダマシ回避ビットコインFXトレード手法

ビットコインFXが好きな仙人です。 今回はエルダーのフォースインデックス(EFI:勢力指数)をご紹介します。 フォースとは、力。 フォースを使え、感じるのだ。 と誰かも言ってました。 このテクニカル指標は、出来高を考慮しているのでダマシが少...
トレンド系指標

アリゲーターとフラクタルを併用したビットコインFXトレード戦術

今回はビットコインFXでウィリアムズアリゲーター(williams alligator)とウィリアムズフラクタルというインジケーターを使ったトレード方法をご紹介します。 ウィリアムズアリゲーターは、トレンドの発生をとらえて市場に参加するため...
オシレーター系指標

RCI(順位相関指数)を使ったトレード手法をビットコインFXで解説

今回はビットコインFXでも有効に機能する有名なインンジケーター、RCI(順位相関指数)をご紹介します。 RCIはオシレーター系の中でも多くのトレーダーに使われており、相場の過熱感(売られ過ぎ・買われ過ぎ)を-100~+100%の範囲で判断す...
チャートパターン

ハーモニックパターン④サイファー・シャークをFXで紹介

ビットコインFXを追究している仙人ブログですが、今回は連載でハーモニックパターンについて解説しております。 この記事で解説するのは、サイファーパターンとシャークパターンです! 取り敢えずネーミングがカッコイイですね、中二っぽい。 前回の記事...
チャートパターン

カップウィズハンドル(カップアンドハンドル)順張り逆張りで大衆心理を味方に付けるFXトレード

FXトレードをしているとよく見るチャートパターンの一つである、カップ&ハンドル(カップウィズハンドル)を紹介します。 コーヒーカップと取っ手のような形のやつですね。 良く知られているチャートパターンで正しく使えばトレードに勝ちやすいエントリ...
チャートパターン

ウォルフ波動の引き方とFXトレード戦術|エントリー利確ポイントと応用手法

今回は響きがかっこいいテクニカルチャートパターン「ウォルフ波動(ウルフウェーブ)」をご紹介します。 初めてウォルフ波動を知った当時は「本当にそれ機能するんかいな」くらいの知識でしたが、実際に定義を調べチャートを見てみると、ウォルフ波動が成立...
トレンド系指標

エンベロープをビットコインFXで使うスキャルピングトレード手法

今回はビットコインFXでも有効に機能する「エンベロープ(envelope)」というインジケータを用いたトレード戦術をご紹介したいと思います。 エンベロープは日本での知名度はそれどほ高くないですが実力は折り紙付きで、一見ボリンジャーバンドに似...
チャートパターン

酒田五法とは|最古のローソク足FXトレード手法を解説

ビットコインFXで日々トレード研究をしている仙人です。 今日は、大和魂が宿る日本発祥のトレード手法をご紹介していきます。 その名も、酒田五法(さかたごほう)。 ロウソク足の考案者でもある江戸時代の相場師、本間宗久が作った日本最古のトレード手...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました